ノア値引きと購入時のチェックポイント!

ノアホワイト

  • 新車:218万円〜297万円
  • 燃費:23.8km/L
  • 減税率:100%
  • 乗車人数:8人
  • ディーラー:トヨタカローラ店

 

新型になって格段に高まった質感!

 

新型になって外観デザインの存在感が格段に高まりました。また、ノーマルエンジンもハイブリッドも、優れた燃費性能を実現しています。

 

3列目シートは簡単な操作で跳ね上げを可能にしており、使い勝手が良くなっていますね。ハイブリッドの価格感をどう捉えるかが個々で分かれそうです。

 

 

ノア購入ガイド!

 

トヨタ新型ヴォクシーを買うか新型ノアを買うか悩んでる方の為の動画

 

 

新しくなったノアのプロフィール

 

ノアホワイト

ノアはカローラ店が扱う2Lエンジンを積んだ背の高いミニバンで、ネッツ店が販売するヴォクシーの兄弟車。価格やグレード構成も共通なので、商品の特徴にも違いはありません。

 

販売台数はヴォクシーが多いものの、ネッツ店は全国に約1600拠点を展開し、ノアを扱うカローラ店は1300拠点。「1店舗あたりの販売台数」という見方をすれば差は生じていません。

 

フロントマスクはヴォクシーに比べて大人しいですが、フルモデルチェンジで大幅な変更を受けた経緯もあり、質感は高めです。ノアを好むユーザーが多いのも頷けます。

 

内装もヴォクシーと同じですが、ミドルサイズながら丁寧に仕上げられ、フロントマスクとの造形バランスもとれています。メーターはインパネ中央の高い位置に装着され、視線は左方向に寄りますが上下移動は少なめです。

 

3列目シートをレバー操作でたためる機能も便利。荷室の容量も十分に確保され、積載性も良好。各部を上質に作りこみ、ミニバンの実用性も高められています。

 

おすすめグレードは.ハイブリッドX(FF・電気式無断変速です!

 

 

ノアの値引きについて

雑誌には「値引き目標10万〜15万円」って書いてあるけど、実際どうなの?

 

ヴォクシーとの兄弟車競合はお約束。さらに扱うカローラ店は同じ地域内に資本の異なる販売店が複数あれば同士競合も可能です。ヴォクシーと同じく納期は要確認。用品値引きや、下取査定額の上乗せが値引き勝負の鍵と言えますね。

 

「もし大きく値引きをしてくれるならヴォクシーじゃなくてノアを購入してもいいけどね!」などと伝えれば大きな材料になり得ます。兄弟車同士争いにはプラスでセレナを付け加えることも忘れずに行えば、30万円台の値引きも夢ではありません。

 

ただ、値引き交渉は全ての人が上手く行くわけではありません。
確実に、かつ「さらに+20万円以上」上乗せで安く買いたい場合は下記を参照してみてください!

 

かなりの確率で達成可能です!

 

≫≫ノアを値引きに頼らず大幅安で購入するなら!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加